So-net無料ブログ作成

日本大学アメフト宮川泰介選手、謝罪会見 [ニュース・スポーツ]

こんにちは、こんばんは
ジリスです

記事書こうとする度に次から次へと問題事件起きてるんで
様子見情報収集繰り返すうちに一か月も空いてしまいました
すいません

いくつかに共通して言えるのは
●もっと早く対応してればここまで大事にならなかった
●余計な事を言って傷口を広げる

そんな中・・・
欝々とした気持ちを一気に晴らす行動をした漢がいました!


日本大学アメフト選手、謝罪会見




日本大学と関西大学のアメリカンフットボールの試合中に起きた
関西大学アメフト選手が負傷した悪質ラフプレー問題について
22日、加害者となった日本大学アメフト選手 宮川泰介選手が
謝罪会見を開きました

3ZgdCfEQ_AUoAnoECAgdCfEQ_AUoAnoECAEQBA696f7.jpg





・事件発生と経緯
5月6日に行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で
日本大学の選手が関学大の選手に悪質なタックルを仕掛け、
関学大の選手に全治3週間の負傷をさせました

この事件は連日不祥事が報道されるスポーツ界にさらに激震を走らせ、
また事件が起きたのが大学同志の試合中と言う事もあり
「スポーツ」の定義の問題にも言及される事態に発展

被害に遭った選手の父親が会見を開き警察に被害届を出す事態になりました
また、当事者である日本大学側の内田正人監督は会見で
「一連の問題はすべて私の責任」などと話し、監督辞任の意向を示しましたが
「選手との間で言葉の受け取りの行き違いがあった」など
指示の有無などはうやむやのままだったため
不信感をより増大させる結果になっていました

そしてこれは、日本大学側の選手たちにも不信感や不満を生み出しました
そんな中
負傷させた日本大学の選手・宮川泰介選手が謝罪会見を開き
自分が知る真実を述べました


・勇気ある謝罪会見

彼の話によると、彼は選手として出されるための条件を突きつけられていたそうです
「1プレー目で相手のクォーターバックをつぶすのなら出してやる」
と、はっきり指示されたそうです
「できませんでは済まされないぞ」
など、数々のプレッシャーを受けた末に宮川泰介選手は
やってしまった、とのことです

彼は事実を述べただけでなく、すでに被害者家族には個人的な謝罪を行った事、
二度とアメフトはやらない事を述べました




ジリスはですね・・・
この場を借りて、彼の勇気と誠実さを称賛します よくぞ言ってくださいました!

自分のお尻すら拭けない「責任を取ることを躊躇する大人」が多い中 真摯に謝罪し自分の知る真相を明らかにしてくださった勇気 素晴らしいです!!

文章だけで済ませても良かったのに こうして会見を開いた上で素顔を見せての謝罪 ただただ彼の潔さには頭が下がるばかり 本来大人が率先してやるべきことを 自ら進んでやって下さいました

危害を加えてしまったという立場上 とても並大抵の気力や根性では できることではありません

もう一度言います
ジリスは この場を借りて、彼の勇気と誠実さを称賛します!!


さて・・・
教え子にここまでさせたのです まさか大人が逃げるなど言う 生き恥晒しもいい真似はしないでしょう

これから真相が明らかになる事
被害に遭った方も真相を語ってくれた彼も
今後よき人生を歩むことを
祈らせていただきます

ではまた



<スポンサードリンク>









せっかく心地よいまま、後味良いまま
すっきりしたまま

この記事を終わらせようと思いましたが!!

やってくださいましたよ

この 恥知らずどもは!!!!


・日本大学、前監督とコーチ会見

23日午後8時から、当事者の内田正人監督、井上奨コーチが会見を行いました
そこで彼らは宮川泰介選手が述べたことを認め真摯に謝罪
するものと思っていました、彼らが口を開くまでは

・「私からの指示ではございません」と選手への指示があったことを否定 ・「QBを潰してこいと言った」と指示したことは 「最初からおもいっきりタックルしてこい」という意味でラフプレー推奨の意図はなかった ・プレーそのものを「見ていなかった」ので分からなかった

など・・・・・・・
前の会見で宮川泰介選手が述べたことを全否定
すべてを宮川泰介選手の判断が招いたこととしました

「俺の指示と言う事にしろ」と事件前に指示したと宮川泰介選手の証言があるにもかかわらず、彼らは全ての責任を宮川泰介選手にかぶせました
宮川泰介選手の証言は彼一人だけでなく、その場にいた他のアメフト選手たちも肯定しており、これは「複数の証人がいる」ことを示すものでもあります
つまり、宮川泰介選手が会見で行った発言にはしっかり「裏付け」があり、真実として事実として肯定するのに申し分ない物である、ということです

言うまでもなく、前監督らの会見には日本大学の現役アメフト選手も「嘘ばかりだ」と激怒しています




正直
内田正人監督、井上奨コーチの会見
コメントにすら値しません

自分たちが追い込みあんなことをしてしまった選手は
本来ならああいうラフプレーをする人物でなかったことは
この記事をご覧の皆さまはご理解いただけると思います

そして、各個人の立場を考慮すれば
本来宮川泰介選手がした謝罪会見は、いの一番に責任ある監督とコーチ陣がすべきこと
宮川泰介選手は文章で済ませても良かったのです
で、あるにもかかわらず
宮川泰介選手は顔を出し公の場できっちりと謝罪
真摯な態度で事実を語り、誠心誠意の態度を
20歳と言う若さであるのに大勢のマスコミの前で語る勇気を見せました


対して彼を追い込んだ大人ども
この醜態です

「恥を知れ」

としか言葉が出ません

真摯に会見内容を受け止め
謝罪し責任を追及していく大人として当然の潔い行動をする
それだけでよかったのですが

斜め上過ぎました

というか「謝罪会見」ですらないです
ただの自己保身、わが身可愛さに必死に言い訳をしただけです
わざわざ会見と言う形にしただけで

大人以前に、
人間が取るべき言動ですらないです

ジリスにはもう、
彼らに対する慈悲の心は失せました



警察の方々の取り調べで真相は明らかになるでしょう

願わくば

監督やコーチ陣ら、 日大の学生を狂わせてきた元凶たちに 極刑を

そしてスポーツ界から、教育の世界から 永久追放を

ここで「大人のすべきこと」を果たせないのなら 日本大学のみならず アメフト界は終わりを告げるだろうと 言わせていただきます

ではまた


(20190205追記)

・前監督らの起訴見送り

警視庁は、内田正人前監督(63)らについて「指示はなかった」とする捜査結果を
東京地検立川支部に送付する方針を決定しました
一方で宮川泰介選手は書類送検されましたが示談が成立しているとのことで起訴はしないそうです

あのですね ふざけてるんですか?

宮川泰介選手が、生徒が勇気振り絞ってした告発を踏みにじったんですよ?
分かってるんですか、自分たちがやったこと?
大人がしてはいけないことをやったんですよ?

そういえば、体操でも内部告発が潰されたことが記憶に新しいですね

もう、スポーツ業界の改革は不可能でしょう 委員会も警察も動かず告発された人間は罰せられず 告発者が泣きを見るだけ

リスクだけあってリターンは皆無など身をいたずらに危険にさらすだけの
自殺行為でしかありません
「内部告発」はやるだけ無駄
という事がこの一連の件で広く知れ渡ることでしょう

上の言う事を鵜呑みにし 不正を見て見ぬ振りし 流されるままでいることが正しいことだと 証明してしまいました

このツケを支払う時が来たとしても
その時はもう改革ではどうしようもない程度に腐りきっていることでしょう


<スポンサードリンク>










nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

人気ブログランキングへ