So-net無料ブログ作成

トランプ氏、拷問と殺害支持の前言撤回 [ニュース]






こんにちは、こんばんは
ジリスです


トランプ氏がまたしても物議を醸したようです



トランプ氏、拷問と殺害支持の前言撤回
Donald-Trump_003.jpg

4日、ドナルド・トランプ氏はテロ容疑者の拷問やその家族の殺害を主張した発言を
突然撤回しました
米大統領に選ばれたら国際法に違反するようなことを米軍に命じることはないと明言も行いました





<スポンサードリンク>







・米当局による「水責め」復活を呼び掛け
昨年11月23日、ドナルド・トランプ氏は拷問だと非難されている「水責め」と呼ばれる
尋問手法の復活を呼び掛けました
「イスラム過激派組織「IS(イスラム国)」のしていることに比べれば水責めは
『取るに足らないこと』だ」と、意見を正当化していました

水責めは、2001年9月11日の米同時多発テロの容疑者少なくとも3人への尋問に
米中央情報局(CIA)が用いた手段です
なお、これはバラク・オバマ大統領が2009年に就任した直後にその使用を禁止しました



・撤回
トランプ氏は米紙ウォール・ストリート・ジャーナルに声明を発表しました
それによると「テロリストを阻止するために私はあらゆる法的権限を行使する。
しかし、米国が法と条約に拘束されていることは理解しており、
わが国の軍やその他の関連部局にそうした法に違反するような命令を下すつもりはない。
そうした問題については軍や関連部局に助言を求める」と述べたそうです


・一方で
ですがトランプ氏は3日の共和党候補討論会で、それまでの持論をさらに積極的に訴え、
自分が大統領に選出されたら、水責めより「はるかにひどい」ことを行うと述べました
テロリストの容疑者の家族を攻撃対象にしても「何の問題もない」と主張していたそうです

果たしてどれが彼の本当の姿勢なのでしょうか?
なお、彼の発言撤回は今に始まった事では無く、
対立候補からもそれを批判されています


注目を集めている人物なだけに、言動はかなり目立つでしょう
今後どう動くのか、大統領選の行方も含めて目が離せません


ではまた

トランプ氏とローマ法王との間に起きた件についてはこちら

ネバダ州でのトランプ氏の快進撃の記事はこちら

<スポンサードリンク>




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


人気ブログランキングへ