So-net無料ブログ作成

パリで同時多発テロ、死者120人超 [国際情勢・ニュース]

<スポンサードリンク>







こんにちは、こんばんは
ジリスです

フランスのパリで大変な事態が起きたのでお知らせします

パリで同時多発テロ、死者120人超

パリ中心部のバタクラン劇場と郊外の競技場「スタッド・ド・フランス」付近、
レストランなどで13日夜(日本時間14日の朝)に
複数の銃撃や爆発などの同時テロがあり、
フランスの捜査当局によりますと、今現在少なくとも128人が死亡、
200人以上が負傷したそうです
過激派組織IS(イスラム国)が14日、犯行声明を出しました
パリ中心部の各地に爆弾ベルトやマシンガンを装備した戦闘員を送り込んだとしています


・バタクラン
パリ中心部のコンサートホール、バタクラン劇場でロックグループのコンサート中に
複数の男らが観客に向けて銃を乱射し、人質を取って立てこもりました
2~3人の若い男が自動小銃を10分から15分の間撃ち続けた他、
彼等はアラブ語で「アラー・アクバル(神は偉大だ)」と叫んでいたり、
フランス軍によるシリアへの空爆を非難したりしていたそうです
容疑者の一人が「シリアに介入する必要はなかった」と
オランド大統領を名指しで批判していたという情報も入っています
こちらの劇場は14日に警官隊が突入、容疑者を射殺しました




・サッカー場
パリ郊外サンドニ市にある国立競技場「スタッド・ド・フランス」付近で
13日午後9時20分ごろから30分間ほどの間に、
入り口付近など3カ所で爆発が発生しました
サッカー男子のフランス代表対ドイツ代表の親善試合の最中で、オランド大統領も観戦していましたが
大統領は無事でした
同時テロの発生を受けて現場などに向かったそうです


・自爆テロ
一連のテロで死亡した容疑者の中には、自ら爆弾を爆発させるなどした
自爆を敢行した者もいたとの情報も入っています
「スタッド・ド・フランス」付近の爆発も自爆テロとみられています




・国境封鎖
オランド大統領は13日、国民に向けて演説しました
「前例のないテロ攻撃がパリで起きている」と表明しました
「われわれは結束し、断固として戦う」とテロを非難し、
全土に非常事態を宣言、容疑者の逃亡を許さないため国境の封鎖を命じたそうです
アメリカのオバマ大統領も「全人類と普遍的価値への攻撃だ」とテロを非難しました
また、この事態を受け、日本国内でもパリ行き航空便のキャンセルが相次いでいます




・1月
記憶に思い出されるのは今年一月の事件です
フランスでは1月、パリの風刺週刊紙シャルリエブド本社やパリ近郊のユダヤ教食料品店が
イスラム過激派に襲撃されました
このテロによって17人が死亡し、
うちシャルリエブド本社ではステファン・シャルボニエ編集長をはじめとした
少なくとも12人が亡くなりました



また詳しい情報が入ったらお伝えしようと思います

ではまた







<スポンサードリンク>





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0


人気ブログランキングへ